11
3月
13

2年

2年前のあの日、あの時、私は、東京郊外にあるお客様先で打合せ中でした。仕掛中だったプロジェクトが仕切り直しになり、改めてのお客様インタビュー。お客様とは、事前にご挨拶をした程度で、ゆっくり話を伺うのはこの日が初めて。2時30分から打合せが始まり、時候のご挨拶ののち、話が本筋に入ってきたところで、かすかな揺れが始まりした。お客様と「あれ、地震ですかね?」と顔を見合わせているうちに、ユッサユッサとした大きな揺れに。居たのは建物の1階でしたが、それでも大きく揺さぶられるような揺れで、窓に掛かっていたブラインドが揺れてサッシの窓枠に打ち付ける「カーンカーン」という音が耳に残っています。周期の長い大きな揺れと、本震が来るまでの初期微動の長さから、遠く離れた場所での巨大地震と感じ、宮城県沖地震を直観しました。その後、帰宅困難で丸一日たってからやっと帰宅。私にとっては、丸一日、映像メディアから隔離されていたことが、心の安定につながったように思います。

それから暫くは、自宅に居ても、極力明かりをつけずテレビも見ずに過ごしました。2年を経たいま、改めて、あの時の気持ちを思い出したいと思います。

22
4月
12

仙台市は広い

仙台に引っ越してくる前、仙台市について知っていることといえば、正直、東北最大の都市というぐらいで具体的なイメージはもっていませんでした。 そこで改めて地図を眺めてみると、仙台市というのは、実に広いことがわかります。

宮城県は南北に長い長方形に近い形をしていますが、その中ほどを東は太平洋岸から西は山形県境まで、県域を横断する形で広がっています。面積は約788平方キロメートル。 引っ越し前に住んでいた横浜市も市域は広い方だと思いますが、それでも面積は約435平方キロメートル。 倍までは行きませんが1.8倍くらいの差があります。

ところで、仙台市も横浜市と同じく政令指定都市です。なので、行政区があるのですが、これだけ広い面積をもっていながら、その数はわずかに5つ。 横浜市が18区、名古屋市が16区、大阪市が24区にわかれているのと比べれば、その少なさは歴然としています。(もっとも相模原は3区、熊本市は5区といったように最近、政令市になった市は区の数が少ないですが)

しかも仙台の場合は、その区割りが東西に細長いものが多い。このため、区のイメージというのが掴みにくい。

青葉区

たとえば、横浜市青葉区といえば東急田園都市線沿線の住宅地、中区といえば関内の官庁街や伊勢佐木町といった旧市街といったイメージがあります。もちろん、区も範囲があるので、そのイメージが外れる場所もありますが、区の名前を聞けば大よそのことがわかります。

ところが、仙台市青葉区の場合は、仙台駅西側に広がるビル街(官庁街、ビジネス街、商業地域)も、山形県境に近い作並温泉も青葉区です。 正直、これは住み場所を探すときに困りました。 職場は青葉区内にあるので、住宅情報サイトで青葉区を指定して賃貸住宅を探そうとすると、思っているのとは違う場所が出てきてしまいます。

この区割り、もともと仙台市に住んでいる方は、困ってないでしょうかねぇ?

21
4月
12

仙台の春

さくら

みちのく仙台にも、春がやってきました。

4月18日水曜日に開花宣言がだされました。ニュースによると平年より1週間ほど遅い開花とのこと。私にとっては、これが初めての仙台での春のため、こんなものかと思っていたのですが、今年はかなり遅い春だったようです。

満開は来週火曜日ごろということですが、この土日は、お花見盛り。公園はかなりの人出で盛り上がってました。

 

17
4月
12

仙台の冬

仙台の冬

仙台の冬(2012年3月5日撮影)

4月も半ばを過ぎて、ようやく春めいてきた東北・仙台ですが、1月に、仙台に引っ越すことが決まってから、友人・知人に言われたことは、みなそろって「寒そうだね」でした。

関東以西に住む人にとっては、東北=寒いというイメージがあります。

しかし、実際に住んでいる方は、ご存知かと思いますが、仙台は東北の中ではそれほど寒い土地柄ではありません。大雪が降るのは、日本海側ですし、山に囲まれている福島(市)や盛岡とちがって、海に面して開けた平野部であるせいか、東北の中では比較的穏やかな冬です。

気温は、横浜に比べると寒いのですが、だからといって、マイナス十数度になるというようなこともなく、雪も降っても積雪数センチです。横浜でも年に1、2度、雪の降る寒い日がありますが、そうした日の回数が横浜よりも多いという感じですね。

夏の暑さがどうなのかは、これからのお楽しみです(笑)。

15
4月
12

ごぶさた

最後の更新から1か月半。みなさん、ご無沙汰しております。

さて、これまで、リアル転居することを書いておりましたが、具体的な転居先は書いておりませんでした。

実は、転居先は、杜の都・仙台です。

転居します!と書いたのは1月半ばでしたが、それから準備を初めて、実際に転居したのは2月下旬。

仙台ぐらしも2か月近くたち、やっと暮らしも落ち着いてきましたので、少しずつ更新を再開したいと思います。

再開にあたり、ブログタイトルも「仙台LIFE」に改め、仙台で暮らし始めたばかりの“仙台初心者”の視点で仙台の紹介を書いていきたいと思います。従来は、写真がメインでしたが、これからは写真掲載の頻度は減って、テキスト中心になるかと思います。

あいもかわらず、ゆるゆると、勝手気ままに続けていきたいと思います。では、よろしく。

PS.久しぶりに更新しようとおもったら、操作系が随分変わっていて、戸惑いました。

29
2月
12

近況

おっと! あっという間に2月もおわり。このままでは2月に1回も更新しないままになりそうなので、あわてて投稿(笑)。

前回の投稿後、物件探しや引っ越し準備に時間がかかり、先週の月曜にやっと転居しました。部屋の片付けはまだまだですが、生活は少しずつ落ち着いてきました。

ただ、プロバイダの契約はもう少し先になりそうです。

準備ができたらボチボチ更新を再開しようと思います。

ではでは。

31
1月
12

おひっこし・・・

ご近所の皆さま

大変ご無沙汰しております。(久しぶりに来たら、操作系が変わっていて戸惑ってます(笑))。

実は、このほど、急に「お引越し」をすることになりまして・・・ブログの引っ越しではなくて、リアル住居の引っ越しです。

仕事の都合で、長年住み慣れた横浜から離れることになりました。数年後には戻ってくる予定なのですが、それまでの間、今住んでいる部屋(分譲マンションの持家です)を、賃貸に出すことにしましたので、暫くは横浜に戻る場所もなくなります。

横浜は、生まれ故郷ではないのですが、もう人生の半分を横浜市民として過ごしていますので、私にとっては第二の故郷です。それだけに、横浜の地を離れるのは、なんとも名残惜しく寂しいのですが、致し方ありません。

ま、ともあれ、住めば都という言葉もありますし、転居先の街も嫌いな街ではないので、これもいい経験だと、前向きに考えるようにしています。

そんな、こんなで、いまはバタバタしており、ブログを更新している余裕がありません。

春頃になれば、少し落ち着くと思いますので、そうすれば、また新しい街の写真を撮って歩こうと思ってます。それまで、気長にお持ちくださるよう、お願いいたします。




2017年6月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ